女性歯科医が診療する歯医者なら滝口デンタルクリニック

知覚過敏虫歯ではないのに、冷たいものを食べたり、歯ブラシを当てたりするときに、ピリッとし痺れたような感じがするのが知覚過敏です。知覚過敏の特徴としては、キーンというような鋭い痛みが起こります。しかし、それがずっと続くわけではなく、上記したように冷たいものを食べたり、歯ブラシを当てたりするときに誘発されます。なので、何もしていないのに痛みを感じるときは、虫歯である可能性が高くなってくるので、速やかに歯医者に行って治療をするようにしましょう。


知覚過敏の原因を取り除けば、歯医者で治療をすることができます。

知覚過敏の原因として挙げられるのは、まず、歯磨きの仕方に問題があること、次に歯周病や歯肉炎など他の病気が原因であること、さらに歯軋りや噛み合わせが原因であることなどが挙げられます。なので、知覚過敏であれば、まずは正しい方法で歯磨きをすることが望まれます。知覚過敏用の歯磨き粉を使い、一週間程、経過を見ます。それでも治らない場合には、知覚過敏に対する治療を行っていきます。


どのように、歯医者で知覚過敏の治療を行っていくのかというと、まずフッ化物を塗っていきます。次に、レジンや歯科用のセメントなどで痛みのある部位をカバーしていきます。また、痛みのある部分にレーザーを当てることもできます。知覚過敏の場合、このような治療を行いますが、症状を見て、どういった治療を行うかは決めていきます。検査の結果、知覚過敏でないということもあるので、検査次第になります。