注文住宅の間取りと屋外の空間

ホームへ戻る >  注文住宅の間取りと通気性  > 注文住宅の間取りと屋外の空間

注文住宅の間取りを決める際には、家の中ばかりに集中してしまいます。しかし、実は家の外の屋外空間もとても大切。バルコニーやテラスなどの屋外空間をどれだけ有効活用するのかによって、広々とした生活空間を作ることができます。


屋外スペースは、リビングや寝室などの延長線上にあるのが間取り的にも理想的です。そのほうが、屋外スペースの使用目的がはっきりしますよね。例えば、リビングに隣接しているテラスなら、複数の人がティータイムを楽しめるぐらいの広さがあったり、バーベキューを楽しめるぐらいの空間があったほうが使い勝手が良いようです。テラスで


食事をするなら、やはりテラスはキッチンにも隣接していたほうが便利なものです。そうした点も考えながら、楽しく間取りを決めましょう。

また、寝室から出ているバルコニーなら、観葉植物や小さなチェアなどを置いて、朝にコーヒーが飲めるような空間にできれば、贅沢なモーニングタイムになりそうですよね。そんな夢も、注文住宅なら実現可能なのです。


注文住宅だからこそ、間取りを考えるときには夢もどんどん膨らみます。しかし、生活動線やライフスタイルを考えながら屋外空間のデザインを決めることは必須条件です。


例えば、乾燥機を使うのではなく、バルコニーで洗濯物を干す人なら、洗濯機から近い場所にバルコニーが欲しいですし、寝室や子供部屋を通り抜けてバルコニーに行くのは、できれば避けたいですよね。注文住宅の間取りでは、そうした部分も考慮しながら、設計図を見ながらで実際に頭の中でシミュレーションしてみることをお勧めします。