注文住宅の間取りと通気性

ホームへ戻る > 注文住宅の間取りと通気性

注文住宅の間取りと屋外の空間
二世帯住宅の間取り
歯のケア方法
歯の黄ばみの原因
骨のがん

注文住宅の間取りを考える際には、キッチンで調理をしたニオイやゴミの臭いが、マイホーム全体に充満しないような、通気性や空気の流れなどもシミュレーションすることが大切です。嫌な臭いを発生させる場所には、玄関の靴の臭い、キッチンの臭い、寝室の臭いなどがあります。開放的でオープンな間取りにしている注文住宅は、どう頑張ってもリビング全体にキッチンの臭いは広がることを念頭に入れておかなければいけません。キッチン臭いを最小限に抑えるためには、キッチンから臭いを出せる窓を付けたり、キッチンの反対側に窓を付けることで、空気の流れによって臭いがこもりにくい間取りにするのも良いでしょう。

臭いは下から上に上昇します。そのため、階段周辺の小さなスペースを書斎スペースや喫煙スペースにしてしまうと、2階に煙草の臭いが広がってしまいます。喫煙スペースを作る場合には、室内に臭いが流れていかないような場所になるように、間取りを決める段階から工夫したいですね。


自分の家族だけが生活している生活空間なら、臭いも気なりにくいかもしれません。1階と2階とに分かれているタイプの2世帯住宅の場合、1階で調理した臭いなどが容赦なく2階にも上ってくることも考えておきましょう。2世帯住宅の注文住宅では、そうした点も考慮して、タウンハウスタイプで2世帯とも1階と2階を持っている間取りが人気のようです。


どんなに工夫しても、臭いを完全にシャットアウトすることはできません。窓を利用して、臭いが外に逃げやすい空気の流れを考えるのも、注文住宅の課題なのかもしれませんね。