不動産賃貸営業に向いていない人は?

ホームへ戻る >  歯槽膿漏になりやすい人の食生活  > 不動産賃貸営業に向いていない人は?

どんな仕事にも向き不向きがありますが、不動産賃貸営業という仕事に「向いていない人」ももちろんいます。それが悪いわけではありませんが、そのうえでチャレンジをするなら、向いていないなりに工夫したり、気持ちよく働ける場所を選ぶことが大切になりますよね。ここでは、不動産賃貸営業に向いていない人はどんな人か?について紹介しましょう。


まずは、ワークライフバランス重視で、残業はぜったいイヤ!という人。不動産や賃貸を扱う仕事では、基本的に長時間労働となってしまう職場が多いです。

そのため、残業はぜったいイヤと言っていても、通るものではありません。逆に周囲との摩擦で働きにくくなってしまいますので、こうした考えを持っている方には向いていないといえるでしょう。また、責任感が薄い人。扱うものは不動産や賃貸といった、お客様にとって高額なものです。そのため、お客様もシビアですし、何かあった場合に営業マンの責任を追及されることも多いです。しっかりと責任感を持って物事を遂行できる人にこそ向いている仕事といえます。


また、仕事をしていくなかで実にさまざまな人に会うことになりますので、どんな人とでもおつきあいしていける精神的なタフさが必要とされます。そんな部分に自信がない人は、仕事の大変さを強く感じてしまうかもしれません。誰でも、「向いている」仕事をするのが、やりがいがあって楽な方法です。ただ、上記のように「自分に向いていないな」と感じたなら、ちょっと違う仕事を探すか、工夫をしながら業務にあたるのが良いでしょう。