不動産賃貸営業で気を付けるところ

ホームへ戻る >  歯槽膿漏になりやすい人の食生活  > 不動産賃貸営業で気を付けるところ

不動産賃貸営業を行ううえで、気を付けるところとはなんでしょうか?そのひとつが、まずは身だしなみや清潔感です。不動産や賃貸は、個人を相手に仕事をすることが多いです。そんなときまず判断されるのが、営業マンの外見といっても過言ではありません。容姿が良いことはもちろん営業マンとしての長所になりますが、それよりも大切なのが清潔感やきっちりとした雰囲気です。特に女性のお客様からは、清潔感がない営業マンは敬遠される傾向にあります。常にスーツをきれいに保ち、アイロンのあたったシャツを着て、口臭予防やヘアスタイルにも気を遣うようにしましょう。

次に、人当りの良さ。不動産賃貸営業は、多くのお客様と会う仕事です。お客様も、自分に合った賃貸を探したいという気持ちがありますので、条件などをあらかじめしっかり伝えてくれる方も少なくないですが、それでもじっくり話す量が多いことで、より希望に合った物件を紹介しやすいという面はあります。そんなお客様の要望を引き出せるようになったら、不動産賃貸の営業マンとしては一人前ですね。


もちろん、物件や建築に対する知識も必要です。話しやすい営業マンがいいという人でも、物件の紹介に関しては、しっかりと知識をもってサポートしてくれる人が良いと考えるものです。ですので、人当りの良さやトーク力を磨くと同時に、仕事に関する知識を常に蓄積し、住宅のプロとしてお客様に接していくのも大切なことです。