不動産賃貸営業に向いている人は?

ホームへ戻る >  歯槽膿漏になりやすい人の食生活  > 不動産賃貸営業に向いている人は?

どんな仕事にも適性というものはありますが、もちろん不動産賃貸営業にも「向いている人」「向いていない人」がいます。では、不動産賃貸営業に向いている人は、どんな人なのでしょうか?ここでは、その性格的な適性について紹介しましょう。


まず、精神的にも肉体的にもタフな人が向いています。不動産や賃貸の営業は、体力勝負といった側面がある仕事です。ほかの仕事と比較すると労働時間が長く、お客様とともに外出したり、物件を案内することも多い仕事です。

そして、精神的な部分では、ノルマがある会社が多いためプレッシャーを感じながら仕事をすることが多いです。はっきりとしたノルマはなくても、営業成績によってお給料が決まる部分が大きいため、仕事ができなければお給料が下がってしまう、という大変さがあります。こうした精神的プレッシャーを楽しめる、逆にやりがいとしてとらえられる精神的にタフな人には、向いている仕事といえるでしょう。


それ以外にも、毎日お客様と接する仕事ですから、人当りの良さや話しやすさ、どれだけお客様にとって親身になれるか、といったことも適性には大きく関連します。扱うのは賃貸や不動産ですので、建物や物件、建築が好きという方が目指すことも多いかもしれませんが、どちらかというと人が好きで人の役に立ちたい、人と話すのが好き、という方に向いている仕事ではないでしょうか。お客様の要望に応え、ぴったりな物件を紹介するというところで、やりがいのある仕事です。