不動産賃貸営業の難しいところ

ホームへ戻る >  歯槽膿漏になりやすい人の食生活  > 不動産賃貸営業の難しいところ

不動産賃貸営業の「難しいところ」「大変なところ」はどこでしょうか?もちろん、どんな仕事にも大変なところはあります。ですが、不動産賃貸営業はそのなかでもよく「大変な仕事」と言われます。その理由とは何なのでしょうか?


そのひとつは、まず実力主義な世界という理由が大きいです。実力主義の場合、成果を出すことができればお給料も上がりますし、会社でも認めてもらいやすくなります。ですが、その一方で成果を出すことができない場合、会社でも居づらい、お給料は安いという状況になってしまいます。そうした面は心理的な大変な部分といえます。

もうひとつ、体力的に大変というのもひとつの理由です。不動産賃貸営業の仕事は、その多くが長時間労働の仕事です。なぜなら、お客様が物件紹介や下見を行うのが、平日の昼間とは限らないからです。仕事帰りに物件を見たいという方もいれば、土日を中心に物件を探したいという方もいます。一般的に、9時から6時までの勤務で終わる仕事ではないので、そうした体力面での大変さは見逃せない部分ですね。


また、時にお客様のクレーム対応を行わなくてはならないのも、大変な仕事と言われる所以です。お客様の「住まい」という、生活レベルに直結するものを扱う仕事ですので、お客様もシビアです。クレームが来たときにも、誠実にきっちりと対応していかなくてはいけません。やりがいは大きいですが、その分責任も重い仕事といって良いでしょう。