噛み合わせが悪い人のための矯正治療

ホームへ戻る >  矯正治療でEラインを整える  > 噛み合わせが悪い人のための矯正治療

歯の噛み合わせが正しいと、健康体を維持しやすいですし思い切り笑うこともできます。矯正歯科では歯の噛み合わせをよくするためには必要な治療ですが、自覚症状がない場合には治療することができません。たとえば、八重歯などは可愛いという印象がありますので、費用をかけてまで矯正する必要はないと考える人がいます。


出っ歯もあまり見栄えは良くありませんが、そのままにして

いる人も少なくありません。後々のことを考えると正しい位置に戻して歯の噛み合わせを正しくすることが望ましいです。

噛み合わせが悪い例として、オープンバイトという症状があります。この場合には奥歯はしっかりと噛みしめることができるのに前の歯は上下が合わさらずにすきまができてしまう状態です。外科手術を勧められることもありますが、矯正歯科治療で治すことも可能な症状です。いわゆる出っ歯と呼ばれる症状は、前の歯の上下の噛み合わせが上手くいかない状態です。


上の歯が下の歯を覆ってしまい、歯がまっすぐに生えていないことが多いです。逆に下の歯が出ている状態を受け口と言いますが、あごの骨が未発達だったり、成長しすぎたりしてバランスが悪くなってしまうのが原因のひとつです。このような状態を放置すると健康に支障が生じます。口の中の衛生状態の悪化だけでなく、慢性の肩こりや偏頭痛の原因にもなります。外科的手術を勧められても矯正歯科治療で改善することもありますので、まずは病院で相談するとよい方法が見つかります。