歯の神経を抜いても痛みがある理由

ホームへ戻る >  前歯の主な役割  > 歯の神経を抜いても痛みがある理由

歯の中にある歯髄という神経を歯科治療の際に抜いたにも関わらず、痛みがある理由として考えられるのは、まずは治療の刺激による一時的なものです。歯の神経は歯の中のみでなく歯の周囲の組織に通じています。神経を抜く歯科治療は、歯の中に走行している神経を器具で引きちぎるように取り除くことから、引きちぎられた断面が修復するまで痛みを感じる場合があります。


続いて、歯の根の周囲に波及した炎症からくる痛みがあります。状態が落ち着きをみせるまで時間がかかることもあります。歯科治療の前に症状がなかったとしても、治療の刺激で一時的な炎症が起きることもあります。

繰り返し根管治療を行うことで症状が収まる傾向があります。根管の形は人それぞれであり、まっすぐで簡単に治療ができる場合もあれば、クモの巣状や枝状、湾曲している形もあるため、治療が難しいケースもあるのです。


再度の根管治療や歯根端切除術を必要とすることもあります。それから他の原因で起きた痛みや違和感が、神経を抜くことで痛みが起きることもあります。この場合は、かみ合わせの調整や歯の周囲の掃除などを行うことで改善される傾向があります。歯科治療の際の事故によるケースもあります。細い針のような治療器具が、歯の根の内部で折れたことで痛みが生じることもあるのです。その場合は、歯や詰め物などを削ることで歯髄を取り除いて、その箇所の洗浄や清掃や消毒を行う根管治療を行うことで、歯の機能を取り戻すことが可能になります。