歯や歯茎の痛みの原因について

ホームへ戻る >  前歯の主な役割  > 歯や歯茎の痛みの原因について

歯や歯茎の痛みの原因を知ることで歯科治療が変わってきます。まずは冷たいものや甘いもの、酸っぱいものを食べた時に歯の痛みがあり、すぐに和らぐ場合は、知覚過敏や虫歯の可能性があります。歯の痛みがしばらく続く場合は、歯周病や虫歯が進行したしまったことで神経にダメージを負っているか、歯が欠けていたり割れていることが考えられます。


歯ブラシやつまようじが触れた時に歯の痛みを感じる場合も知覚過敏や虫歯の可能性があります。


噛んだ時に歯茎や歯の痛みがある場合は、歯周病や虫歯だけでなくかみ合わせの異常や歯が欠けているもしくは割れている可能性があります。一番後ろの歯茎や歯の痛みを感じる場合は、親知らずが原因の可能性もあります。

そして何もしなくても痛んでしまうケースとして、歯の中に神経がある場合は、歯周病や虫歯の進行が進み、神経や根の周りまで炎症が及んでいるかもしれません。過去に歯の神経を取る治療をして神経がない場合は、神経の箇所に詰めた薬や歯の根の周りが炎症を起こしている可能性があります。特にこれらの場合は、早めに歯科治療を受けることをおすすめいたします。


虫歯が原因となる場合の歯科治療として、虫歯が小さい場合は削ってその箇所を詰めるか被せます。虫歯が大きい場合は神経を抜いた箇所に薬を詰めて、削った箇所を詰めるか被せます。歯周病が原因の場合は、歯石を取り除くのと併用して神経を抜いて消毒をし、その箇所に薬を詰めて被せます。