犬歯と第一小臼歯と奥歯の役割について

ホームへ戻る >  前歯の主な役割  > 犬歯と第一小臼歯と奥歯の役割について

犬歯は太くて長い根をどの歯よりも持っています。犬歯は歯並びのカーブの角に位置しています。犬歯は下顎の側方運動の決定に大きな影響を持ちます。下顎を歯とすりあわせながら横に動かしていきますと、奥歯から順番に離れていきます。犬歯は最後に当たり、他のすべての歯は離れている状態になります。糸切り歯と呼ばれるのは、糸がその一点で切れるということからです。


そしてつばを飲み込む時に上下の歯が噛み合いますが、この際に噛みあう位置は中心咬合位と呼ばれます。

上下の歯が最大面積で接触する位置のことです。犬歯を失うことで噛む位置がおかしくなり、下顎の側方への動きも狂ってきます。歯科治療を必要とすることもあるでしょう。


それから第一大臼歯は、食べ物を噛み潰す力を発揮します。第一大臼歯は乳歯の時の顎の動きと噛み合わせを永久歯に引き継ぎます。下顎の側方の動きを犬歯とは別に決定しています。上下の歯を噛み締めた時に噛みあう高さを決定します。第一大臼歯や第二小臼歯は、歯茎から上に出ている部分の高さを保つ役割を果たしています。第一大臼歯やその他の奥歯を失ってしまったら、噛む力の低下を招きます。歯科治療を行わずに放置しておくと、他の歯の位置を狂わせてしまいます。顎の関節の接合部のバランスが崩れてしまうため、顎関節症になることもあります。乳歯の時に歯科治療を行わないことから第一大臼歯を失うことで、永久歯列が出来上がった際に問題が生じることもあります。