歯の役割について

ホームへ戻る >  歯の役割  > 歯の役割について

歯の役割は、味覚を豊かに保つことと、食事の歯ざわりや歯ごたえを楽しむことがあります。歯科治療をする目的にもつながりますね。そして歯が健康であることは、美しい表情を作るのに役立ちます。歯は様々な働きがありますが、まずは食べ物を噛むことで病気を防ぐ役割です。食べるときによく噛むことで、身体に食べ物の栄養を吸収しやすくしてくれます。その結果、体調を整えることができ、病気になりにくい体作りにつながります。


良い歯でしっかりと噛むことが健康への第一歩となるのです。歯のトラブルといえば虫歯が一番にあげられるでしょう。歯科治療でも虫歯の治療が最も多いようです。実は虫歯は歯だけでなく身体の他の部分にも影響が出るのです。噛み合わせが変わることで頭痛が起きることもあります。

噛み合わせの変化は悪い姿勢を招くため、肩こりの原因になることもあります。虫歯などの歯の異常をできるだけ早いうちに発見し治療することで、身体への良くない影響を防ぐことにもなるのです。歯の定期健診を受けるのも有効でしょう。


それから歯は舌や唇と同様、発音を助ける役割があるのです。例えば前歯の隙間や出っ歯などは、正確な発音の妨げになることもあります。先天性のものばかりではなく、生活習慣による後天性のものもあります。歯並びが悪化することで起きるトラブルは決して少なくありません。歯科治療をするのはもちろんのこと、日常の生活の中でも注意していくことが大切です。