歯の構造について

ホームへ戻る >  歯の役割  > 歯の構造について

歯の構造について虫歯などで歯科治療をする際に、歯科医から治療についていろいろな説明を受けることもあるでしょう。歯の構造を知っておくと、より歯科治療に対しての理解が深まります。まずは、エナメル質です。エナメル質は最も身体の中で硬くて密度の高い組織です。ほぼ無機質からできていることから、有機質と呼ばれる細菌の好む物質は含まれていません。虫歯の進行は遅いのが特徴ですが、わずかに再石灰化は起きます。象牙質の構造は細い管状で、有機質を多く含む柔らかい組織です。細菌が侵入しやすく中で増殖しやすいため、虫歯の進行は早いです。大きくなると痛みを感じる場合もあります。再生は起きません。

歯髄は、栄養補給をしたり痛みを感じる神経のある血管です。ほぼ有機質からできています。歯髄に細菌が侵入してくることで、激しい痛みを感じることもあるかもしれません。再生は起きません。セメント質はエナメル質と比較すると密度や硬さが劣るのですが、再生能力が高く、歯肉が下がることでセメント質が出てきますと、密度の低さから温度による痛みが出ることもあります。ちなみにこれは知覚過敏と呼ばれる症状です。歯科治療の際に聞いたことがあるのではないでしょうか。


歯根膜は骨と歯の硬い組織の中に挟まれている物質で、クッションの働きをします。噛みごたえや歯ざわりを感じます。噛むことで痛みを感じる際は、炎症がこの部分にあります。


歯槽骨は、歯を支えている骨のことです。細菌が歯肉に侵入することで骨が溶けてしまい、支えを失った歯はぐらぐらと不安定になります。歯周ポケットは、歯と歯肉の接着部位です。細菌がここから侵入することで歯周病となります。